冠婚葬祭での衣装についてです。

冠婚葬祭とは、様々な人生の催物のことです。
冠なら成人式を表し、婚は結婚式のことを表し、葬は葬式のことを表しています。
この様々な行事は新たな出発を祝う会でもあります。
そして、この行事に装う衣装といえば、成人式、結婚式であれば華やかなものですし、葬式であれば喪服になるのです。
葬式は、別として、成人式及び結婚式は通常1回しか経験しません。
その1回の行事のために何十万というお金をかけることは、多くの家庭において家計を苦しめる結果になっています。
そこに問題点がありました。
そこで、着物や振袖をレンタルすることが出来る貸衣装屋が登場してきました。
この貸衣装屋は、とても便利です。
自分が気に入ったものを手ごろな価格でレンタルすることができるのですから、多くの家庭で救世主的な役割をしていました。
しかし、近年はレンタルして洗濯代を計算すると買う方が安いという声もあちらこちらで聴くようになってきました。
買うのか、借りるのかには、それぞれメリット、デメリットがあります。
そこ見極めて華やかな衣装で門出を迎えることが大切です。