冠婚葬祭のレンタルで借りる物借りない物の境界線は

冠婚葬祭のレンタルで話題性が高いのはウェディングドレスですが、登場から年数が経つ割に賛否両論があるようです。
合理性から言えば一度しか着ない服を購入するのは勿体無いといえますが、自分だけのウェディングドレスは自分だけの結婚式を象徴する為に思い出として購入する事に拘る人も大勢います。
一方定番のドレスやスーツ等礼服のレンタルは今も大盛況です。
ビジネススーツを着ている人は多くてもフォーマルは普段着ないという人は少なくありません。
保存する場所がない、あるいは高い服ほど管理が難しい等の理由で冠婚葬祭時のみ礼服を借りる人もいます。
またバッグからアクセサリーなどの小物までレンタルで済ませる人も増えてきました。
普段個性的なバッグを身に着けていると、冠婚葬祭に必要な落ちついた小物の持ち合わせがない場合があります。
ただし礼服と違いバッグを借りられる店は少ないので、オンライン店舗で申し込み宅配便でやり取りする方法がお勧めです。